大人の教養ぬり絵&なぞり描き【歌舞伎】

大人の教養ぬり絵&なぞり描き【歌舞伎】から【藤娘】を塗ってみた

歌舞伎ぬりえ【藤娘】(アイキャッチ画像)
ごきげんようコハルです☆
よーし藤の季節のうちに仕上げるぜ!!と意気込んで始めたけどやっぱり間に合わなかった…orz
まとまった時間が作れれば一気に仕上げられるのになぁ。ままならないものです。
ではどうぞごゆっくりご覧ください♪

【藤娘】より【藤の精】

歌舞伎でも日本舞踊でも大人気の演目、藤娘。
舞台いっぱいに咲いた藤の花も華やかだし、曲中何度もお召し替えがあるのもお楽しみの一つですよね。
なにより主人公が藤の花の精霊っていう設定がもう乙女な感じで可愛くて大好き。

精霊なのにお酒飲んでほろ酔いになったり、愚痴ってしょんぼりしたり、陽気に踊りだしたり。
ものすごく人間くさい精霊で、そういうところもきゅんとするポイントです。

【藤娘】彩色過程その1使用したペン:ピグマ003セピア(これがいっちばん細い。細かな柄には最強です)

着物の柄がものすごく細かくて、これは塗ってるうちに絶対つぶれると思ったので先にペンでなぞりました。
(せっかく素敵な柄なのに潰れたらもったいない!)

そう、この本なぞり描きもできるように線画が薄めなんです。
どのくらい薄いかペン入れたところと見比べてみてね。

【藤娘】彩色過程その2主な輪郭は残してペン入れ終了。謎の達成感で二日くらい放置してしまった。。

今回は無印色鉛筆(60色)縛りで塗ります!(と、唐突に宣言)

【藤娘】彩色過程その3鬼滅ぬりえで散々ぶうぶう言ってたくせにまたもや黒。。

塗りだして気が付いた。
この出だしの衣装は色んなパターンがあるんですが、見本の橙&鶸色のじゃなくてわたしは黒が好きなんですよ絶っっ対に黒!黒一択!!(しつこい)

わざわざまた黒塗りの絵を選んでしまった自分の学習能力のなさを恨めしく思いつつ、コツコツベタ塗りです。

【藤娘】彩色過程その4

ペンの線がうるさかったかな~と心配してたんですが、塗ったらあんまり気にならなくなりました。よかったよかった。
ここでお着物を豪華に見せるための必殺技、金ボールペンを入れます☆

【藤娘】彩色過程その5笠の縁の金がけっこう主張してますね。着物の方はほかの色に押されておとなしめ。
【藤娘】彩色過程その6

背景に松の木を入れようとして挫折→消しゴム→描く→挫折→消しゴム
のループを経て、

【藤娘】彩色過程その7
うん、すべてを塗りつぶそう。

というわけで、ぐだぐだ長々といじくっていた藤娘ぬりえ、これで完成です!

【藤娘】完成ページクリックで拡大できます

仕上げ最終段階でいちばん外側の主線だけピグマ01(セピア)でなぞりました。

正面からだと写らないんですが、全体的にけっこう金がキラキラしてて可愛いです。

【藤娘】完成ページ(斜め下から)斜め下から撮ってみた。こんな感じで光ってます☆

無印の色鉛筆をぬりえに使ったのはこれが初めてだったんですけど、混色もきれいにできるし、あんまりムラにもならないし(ムラが見えるのはわたしが下手だからです)、60色入りでお値段を考えるとコスパ最強なんではないかしら。

(一応リンク張っておきますが、Amazonや楽天より本家でお買い上げになる方がお得だと思います)

うーん、、無印色鉛筆、とっても扱いやすいのですが質感が少~しだけカサッとしてる気もする。

粉っぽいというかあっさりしてるというか、、
最近ずっとプリズマカラーばっかり使ってたからかな。
(プリズマはほぼクレヨンな塗り心地。)

色辞典とかと相性がよさそうなので、今度は組み合わせて使ってみようと思います。

 

ここまで読んでくれてありがとう!
ではね☆

 

▼この記事に出てくるぬりえ本▼